淡路島観光地情報 観光スポット

【ミニ明石海峡大橋】淡路島洲本市にリアルな1/100大橋模型(門口池大橋)

【ミニ明石海峡大橋】淡路島洲本市にリアルな1/100大橋模型(門口池大橋)

洲本市の池にかかるミニ明石海峡大橋

淡路島・洲本市のため池にかかるミニ明石海峡大橋をご存知ですか?

全長38メートル、主塔の高さ3メートル。100分の1スケールのリアルに再現された明石海峡大橋の模型です。

模型と言えども、その造りは非常に精緻。通行する自動車も再現され、夜にはライトアップもされているんです。

テレビ東京の番組「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」でも『幻の明石海峡大橋』として紹介され、改めて話題になっています。

関連記事
出川哲朗の充電させてもらえませんか?明石家さんまさんと巡った場所(2023年9月16日放送)
出川哲朗の充電させてもらえませんか?明石家さんまさんと巡った場所(2023年9月16日放送)

続きを見る

細部まで精緻に作られています

ミニ明石海峡大橋

全長38メートル、主塔間18メートル、主塔高は3メートル。

「橋の科学館」で実際の設計図を参考にした本格的な造りで、明石海峡大橋の100分の1のスケールで正確に再現されています。

細かい部分までこだわって精緻に造られていて、めちゃめちゃリアルです。

これを個人の方が製作し、維持管理されていると思うとびっくりですね。

ミニ明石海峡大橋の定礎

橋はオールステンレス製、道路部分はカラーコンクリート舗装という本格的な造り。

この橋が造られたのは2001年。ステンレス製ということもあってか、20年以上経過しているのに、劣化は少ないように見えます。

ちなみに、この橋の正式名称は「門口池大橋」。

車も走っています

道路は、明石海峡大橋と同じくカラーコンクリートで舗装されています。

通行する自動車も再現され、ワイヤーを使って走るようです。芸が細かい!

兵庫県なのになぜか警視庁のパトカーが走っていたり、懐かしいあの車が走っていたり、じっくり見ていると面白い発見もあります。

夜にはライトアップ

夜にはライトアップ

橋にはLED球が組み込まれていて、夜にはライトアップされます。

日暮れから9時まで、赤青緑の3色の組み合わせ7パターンで点灯するようです。

すぐ近くには長林寺(福禄寿)

淡路島七福神の長林寺(福禄寿)のすぐ近くにあります

ミニ明石海峡大橋のすぐ近くには、淡路島七福神の長林寺(福禄寿)もあります。

目と鼻の先なので、観光で訪れる方は、長林寺をお詣りしてから、ミニ明石海峡大橋に寄り道される方もおられるようです。

アクセス

「長林寺」の看板を入ります

迷うことはないと思いますが、淡路サンセットライン(県道31号)から、「長林寺」の看板を入ります。道なりに進んですぐ、左手に池が見えてきます。

駐車場

ミニ明石海峡大橋の周辺には、駐車場はありません。車の中からちらりと眺めるか、短時間であれば路肩に駐車させてもらって見学します。

交通量は少ないですが、地元の方の通行の迷惑にならないように注意してください。

ミニ明石海峡大橋の基本情報・アクセス

ミニ明石海峡大橋

基本情報

  • 営業時間:24時間
  • 定休日:なし
  • 料金:観覧無料
  • 駐車場:なし
  • 住所:兵庫県洲本市五色町都志万歳274

アクセス

車でのアクセス

神戸淡路鳴門自動車道・淡路IC~(30分)

高速バスでのアクセス

「五色バスセンター」下車、徒歩(10分)

記事は作成時の情報をもとにして掲載されています。記事内容をもとにご判断される際には、公式サイトなどから最新の情報を入手してご確認ください。



タイプ別観光スポット

-淡路島観光地情報, 観光スポット
-