淡路島観光地情報 自然/公園

【淡路市立香りの公園】ハーブや花樹木の香りを楽しみながら散策できる公園

2023年8月6日

【淡路市立香りの公園】ハーブや花樹木の香りを楽しみながら散策できる公園

淡路市立香りの公園

香りの公園は、淡路島・淡路市多賀にある、香りをテーマにした公園です。

園内には、さまざまなハーブや芳香樹木が植えられていて、香りを楽しみながら散策することができます。

高台から淡路島の自然を眺められるコテージや、池を眺めながら休める東屋など、園路途中には休憩スポットもあります。

梅園・桜園もあり、春には咲き誇る梅や桜を楽しめるお花見スポットとしても人気です。

入園無料。伊弉諾神宮からもほど近く、お詣りとあわせて訪れるのもおすすめです。

香りの公園のマップ

香りの公園のマップ

香りの公園のマップ(公園パンフレットより)

ぐるりと回れる遊歩道があり、香りを楽しみながらゆっくりと散歩できます。1周30分ほどで周れます。

主なハーブ・芳香樹木

見られるハーブ・芳香樹木

香りの公園には約20種のハーブが植えられています。

ラベンダー、ローズマリーなど多くのハーブが花を咲かせる4~6月が一番の見ごろです。

  • ラベンダー(3月~8月)
  • ローズマリー(11月~4月)
  • レモングラス
  • カモミール(4月~7月)
  • ミント(5月~7月)
  • セイジ(6月~7月)

芳香樹木は約30種。桜園や梅園もあり春にはお花見も楽しめます。

  • クチナシ(6月)
  • キンモクセイ(10月)
  • ジンチョウゲ(3月~6月)
  • オリーブ(5月~6月)
  • ロウバイ(1月~2月)
  • ミモザ(月~月)

花と香りを楽しみながら散歩

花壇

花を楽しんだり。

ハーブ

香りを楽しんだり。

ハーブは指に触れて香りを楽しむことができます

ハーブは指に触れて香りを楽しむこともできます。

休憩スポット

東屋

園路途中には休憩スポットも設けられています。池を見下ろす東屋で一休み。

高台のコテージ

かわいいコテージもあります。

きれいな景色が広がります

コテージは高台にあり、淡路島の緑広がる景色が眺められます。

ハーブガーデン

入口近くにあるハーブガーデンには、噴水があり小川も流れています。

テーブルとチェアもあるので、ピクニックにも良さそうですよ。

あわじ花へんろ・花の札所

あわじ花へんろ・花の札所

淡路市立香りの公園は、あわじ花へんろ・花の札所の第21番になっています。

駐車場

駐車場

駐車場は74台分あり、無料で利用できます。

隣にある淡路文化会館と駐車場は共用のようですが、駐車台数に余裕があるので満車になることはなさそうです。

すぐ近くには伊弉諾神宮

日本最古の神社「伊弉諾神宮」

すぐ近くには、古事記・日本書紀にも登場する歴史ある神社「伊弉諾神宮」もあります。

淡路島を代表するパワースポットでもあるので、是非お詣りに行ってみてください。

関連記事
日本最古の神社「伊弉諾神宮」は最強パワースポット(淡路島の観光スポット)
日本最古の神社「伊弉諾神宮」は最強パワースポット(淡路島の観光スポット)

続きを見る

淡路市立香りの公園の基本情報

淡路市立香りの公園

営業情報

  • 時間:8:30~17:00
  • 定休日:無休
  • 料金:入場無料
  • 住所:兵庫県淡路市多賀530-1
  • 駐車場:あり(74台、無料)

アクセス

車でのアクセス

神戸淡路鳴門自動車道・津名一宮IC~(10分)

高速バスでのアクセス

「伊弉諾神宮前」下車、徒歩(5分)

ジェノバラインでのアクセス

岩屋港から、あわ神あわ姫バス「伊弉諾神宮前」まで(1時間11分)、徒歩(5分)

記事は作成時の情報をもとにして掲載されています。記事内容をもとにご判断される際には、公式サイトなどから最新の情報を入手してご確認ください。



タイプ別観光スポット

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-淡路島観光地情報, 自然/公園
-, , , , ,