淡路島グルメ

淡路瓦が釜飯のふたになった「あわじ瓦めし」登場!うずの丘レストラン

淡路瓦が釜飯のふたになった「あわじ瓦めし」登場!うずの丘レストラン

うずの丘レストラン「あわじ瓦めし」

淡路島の南部、大鳴門橋を見下ろす高台にある観光施設「うずの丘 大鳴門橋記念館」にあるレストラン「絶景レストランうずの丘」に、淡路瓦が“釜飯のふた”になった「あわじ瓦めし」が登場しました。

蓋が淡路瓦の釜飯=「あわじ瓦めし」

蓋が淡路瓦の釜飯=「あわじ瓦めし」(プレスリリース)

愛知県の三州瓦、島根県の石州瓦に並び、日本三大瓦と言われる淡路島の淡路瓦。

お釜の上に、淡路島の名産「淡路瓦」の蓋がのった、淡路島らしい“絵になる”釜飯です。

見た目だけでなく、瓦でできた蓋は吸水性が高く、通常の木の蓋に比べて2倍以上の蒸気を吸収します。

そのため、炊きあがり後に蓋を開ける際に、炊きあがったごはんに湯気の水分が落ちることなく、「ふかっとほっこり」美味しい炊き上がりに!

メニューは、「淡路島3年とらふぐ」「島の足赤えび」「淡路牛タン」の3種類。

淡路島の食材を使い、ふっくらモチモチ食感のご飯が楽しめる「あわじ瓦めし」。うずの丘に来たら是非食べてみてください。

あわじ瓦めしのメニュー

あわじ瓦めしのメニューは3種類

あわじ瓦めしのメニューは3種類(プレスリリース)

  • あわじ瓦めし~淡路島3年とらふぐ~:4,400円
  • あわじ瓦めし~島の赤足えび~:3,300円
  • あわじ瓦めし~淡路牛タン~:3,960円

いずれも数量限定。淡路島3年とらふぐ、島の赤足えびは期間限定メニューです。

お米から炊き上げるので20分ほどかかります。

うずの丘は見どころいっぱい

巨大玉ねぎのオブジェ「おっ玉葱」

館内いたるところに淡路島の特産物・玉ねぎのオブジェがあり、記念撮影が楽しめます。特に大鳴門橋を見下ろすテラスに置かれた巨大玉ねぎオブジェ「おっ玉葱」はフォトジェニックな場所としてSNSでもよく登場しています。

アームで玉ねぎをつかむ「たまねぎキャッチャー」や、渦潮を楽しみながら学べる「うずしお科学館」、鳴門海峡の渦潮を望む展望台など、楽しみ・見どころもいっぱいです。

絶景レストランうずの丘

うずの丘 大鳴門橋記念館

営業情報

  • 営業時間:10:00~15:30(L.O.15:00)
  • 定休日:火曜日(祝日、繁忙期は状況により臨時営業)、年末年始
  • 住所:兵庫県南あわじ市福良丙936-3
  • 駐車場:無料(普通車130台)

「うずの丘 大鳴門橋記念館」に行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)

関連記事
「うずの丘 大鳴門橋記念館」に行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)
「うずの丘 大鳴門橋記念館」に行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)

続きを見る

アクセス

車でのアクセス

・神戸淡路鳴門自動車道・淡路南IC~(5分)

高速バスでのアクセス

高速バス「福良バスターミナル」から「うずしおドーム なないろ館」まで徒歩(3分)
「うずしおドーム なないろ館」から「うずの丘 大鳴門橋記念館」行の無料シャトルバス(12分)

記事は作成時の情報をもとにして掲載されています。記事内容をもとにご判断される際には、公式サイトなどから最新の情報を入手してご確認ください。



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-淡路島グルメ
-