淡路島観光地情報 アクティビティ・体験

ニジゲンノモリを1日中楽しめるお得チケット「キッズ限定フリーパス」発売!

ニジゲンノモリを1日中楽しめる「キッズ限定フリーパス」発売!お得チケット

謎解きゲーム「科学忍具のヒミツを探れ!」

淡路島公園アニメパーク・ニジゲンノモリでお得なチケット「キッズ限定フリーパス」の販売が始まっています。

「キッズ限定フリーパス」は、未就学の子どもが対象のチケット。2歳~4歳が対象の「ちびっ子パス」、5歳~7歳が対象の「わんぱくパス」の2種類のチケットがあります。

子どもたちに人気の3つのアトラクション「クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク」、「NARUTO&BORUTO忍里」、「ゴジラ迎撃作戦~国立ゴジラ淡路島研究センター~」を心ゆくまで楽しむことができます。

料金は「ちびっ子パス」が2,500円、「わんぱくパス」が3,000円。チケットの種類によって、遊べるアトラクションの内容が異なります。

また、アトラクションを遊ぶことはできませんが、付添人として子どもといっしょに入場できる「見守りパス」も2,400円で販売されます。

チケットの販売は2022年12月14日(水)から。12月17日(土)から利用できます。

3ヶ所のアトラクションを遊ぶことができるお得なチケットになっています。
特に「わんぱくフリーパス」では、「NARUTO&BORUTO忍里」の謎解きゲーム「忍里に潜む“暁”を見つけ出せ!」も遊ぶことができ、かなりお得だと思います。

チケットの種類と料金

  1. ちびっ子フリーパス:2,500円(2歳~4歳が対象)
  2. わんぱくフリーパス:3,000円(5歳~7歳が対象)
  3. 見守りパス:2,400円(①、②の付添人、中学生以上が対象)

遊べるアトラクション

①ちびっ子フリーパス

「クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク」

・ワクワク!かくれんぼ迷路inふたば幼稚園/アッパレ!戦国大冒険!(童コース)
・オラの『ビックリ!ドッキリ!おもしろホラーハウスだゾ!』

「ゴジラ迎撃作戦 ~国立ゴジラ淡路島研究センター~」

・カイジュウノモリ/ゴジラミュージアム/プレシアター/ちびゴジラなかよしさくせん

「NARUTO&BORUTO忍里」

・手裏剣修行/火影岩ナイトイリュージョン/忍術AR

②わんぱくフリーパス

アッパレ!戦国大冒険!

「クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク」

・ワクワク!かくれんぼ迷路inふたば幼稚園/アッパレ!戦国大冒険!(童コース)
・オラの『ビックリ!ドッキリ!おもしろホラーハウスだゾ!』/ニジゲンノモリに眠るお宝をさがせ!

「ゴジラ迎撃作戦 ~国立ゴジラ淡路島研究センター~」

・カイジュウノモリ(身長120cm以上、体重25kg以上は不可)/ゴジラミュージアム/プレシアター/ちびゴジラなかよしさくせん

「NARUTO&BORUTO忍里」

・手裏剣修行/“暁”ハイドアンドシーク『忍里に潜む“暁”を見つけ出せ!』/火影岩ナイトイリュージョン/忍術AR

③見守りバス

①、②の付添人として、各アトラクション内に入場することが可能です。
※アトラクションを遊ぶことはできません

ニジゲンノモリ

ニジゲンノモリ

営業情報

  • 営業時間:10:00~22:00
  • 入場料:無料
  • 定休日:なし
  • 住所:兵庫県淡路市楠本2425-2
  • 駐車場:無料 ※A1・A2駐車場は3時間まで無料・以降1日500円

【ニジゲンノモリ】アトラクション・料金・楽しみ方(淡路島公園アニメパーク)

関連記事
【ニジゲンノモリ】アトラクション・料金・楽しみ方(淡路島公園アニメパーク)
【ニジゲンノモリ】アトラクション・料金・楽しみ方(淡路島公園アニメパーク)

続きを見る

アクセス情報

車でのアクセス

・淡路インター前交差点から各駐車場まで
・ハイウェイオアシス側から入場する場合は、神戸淡路鳴門自動車道・淡路サービスエリアから連絡道路で直結

高速バスでのアクセス

淡路ICから無料シャトルバスで「ニジゲンノモリF駐車場」まで

ジェノバラインでのアクセス

​岩屋港から無料シャトルバスで「ニジゲンノモリF駐車場」まで

無料シャトルバスの情報・ルートはこちらの記事をご覧ください。

淡路島観光に便利な周遊バス一覧(無料シャトルバス/乗り放題/セット券)

関連記事
淡路島観光に便利な周遊バス一覧(無料シャトルバス/乗り放題/セット券)バス停マップ付
淡路島観光に便利な周遊バス一覧(無料シャトルバス/乗り放題/セット券)バス停マップ付

続きを見る

記事は作成時の情報をもとにして掲載されています。記事内容をもとにご判断される際には、公式サイトなどから最新の情報を入手してご確認ください。



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-淡路島観光地情報, アクティビティ・体験
-,