イベント情報

一足早い春を感じる「冬咲きチューリップショー」淡路島・洲本市民広場で開催(入場無料)

一足早い春を感じる「冬咲きチューリップショー」淡路島・洲本市民広場で開催(入場無料)

淡路島で真冬にチューリップが楽しめる

今年も淡路島・洲本市民広場で「冬咲きチューリップショー2022」が、2022年1月15日(土)から始まります。

春に咲くイメージが強いチューリップですが、温暖な気候の淡路島ならではの、花の少ない冬の1月から2月にも花が楽しむことができる恒例のイベントです。

今年は、5品種約1万本(700鉢)の冬咲きチューリップが展示されます。赤色やオレンジ色、黄色、ピンク色など、色鮮やかなチューリップを見ながら一足早い春を感じてみませんか?

1月15日には、オープニングイベントとして、テープカットのほか、洲本こども園の園児による鼓隊演奏とバルーンリリースも行われます。

開催は2月中下旬頃まで。入場無料。

「冬咲きチューリップ」について

オランダで収穫した球根を輸入した後、特殊な温度処理をした球根を淡路島で植え付けをし、瀬戸内の温暖な気候の中で成長させたチューリップです。

色とりどりのチューリップが楽しめます

赤色に黄色が混じった二色咲の「ワールドフェボリット」、黄色の「サニープリンス」

鮮やかな紫色の「パープルプリンス」と純白の「ホワイトプリンス」

ピンクの「アフケ」もかわいいですね。

レンガ造りの建物をバックにチューリップ鑑賞

洲本アルチザンスクエア

会場となる洲本市民広場は、洲本アルチザンスクエアやS BRICK(旧鐘紡工場跡赤レンガ倉庫)など、明治から昭和にかけて建てられたレンガ造りの建物をリノベーションした施設が立ち並び、レトロな雰囲気をバックに咲き誇るチューリップが楽しめます。

オープニングイベント

開催初日の1月15日(土)11時からはオープニングイベントも開催されます。

テープカットのほか、洲本こども園の園児によるかわいい鼓隊演奏やパレード、風船を一斉に空に放すバルーンリリースも行われます。

当日、先着100名には水仙の切花・花の種のプレゼントもあります。子どもさんには風船のプレゼントも。

オープニングイベント終了後は、島のスイーツ配布や、新鮮な島の野菜が並ぶ産直市、竹笛作りや竹馬など竹と遊ぶ体験もできます。

駐車場

洲本市民広場には駐車場がありませんので、近隣のコインパーキングを利用します。

近くて便利なのは「洲本バスセンター前駐車場」です。

駐車料金:1時間まで無料、以降1時間毎100円、24時間最大600円。

2022冬咲きチューリップショー

2022冬咲きチューリップショー

開催情報

  • 展示期間:2022年1月15日(土)~2月中下旬頃※天候により前後
  • 入場料:無料
  • 会場:洲本市民広場
  • 駐車場:近隣の「洲本バスセンター前駐車場」を利用
  • 住所:兵庫県洲本市塩屋1丁目

アクセス

車でのアクセス

・神戸淡路鳴門自動車道・淡路島中央SIC(ETC専用)~(10分)
・神戸淡路鳴門自動車道・洲本IC~(10分)

高速バスでのアクセス

「洲本バスセンター」で下車、徒歩3分

一般財団法人淡路島くにうみ協会

記事内容は作成時の情報となり変わっている可能性があります。記事内容をもとにご判断される際には、公式サイトなどから最新の情報を入手してご確認ください。



-イベント情報
-,