イベント情報

明石海峡大橋の「桁外面作業車」にも乗車できる親子主塔登頂ツアー(小学生無料)

2023年6月27日

明石海峡大橋の「桁外面作業車」にも乗車できる親子主塔登頂ツアー(小学生無料)

明石海峡大橋ブリッジワールド 親子ツアー

明石海峡大橋開通25周年記念イベントとして、2023年7月17日(月祝)、7月22日(土)の2日間、小学生を対象とした「明石海峡大橋ブリッジワールド」夏休み親子向けスペシャルツアーが開催されます。

ツアーの目玉の一つは、通常の「明石海峡大橋ブリッジワ-ルド」では見学することができない「桁外面作業車」にも乗車できること!乗車できるチャンスはめったにありません。

ツアーの参加対象は、小学生(小学4年生~6年生)とその保護者限定。

小学生の参加料金は無料となり、保護者1名につき小学生2名まで参加可能です。

普段は立ち入ることのできない、世界最大級の吊橋である明石海峡大橋の高さ約300m からの塔頂の世界は、きっといい思い出になりますよ。また夏休みの自由研究のテーマにもぴったりです。

ツアーの申込は公式サイトから。クレジットカードによる事前決済が必要です。

限定ツアーなので、参加を検討されている方は早めのお申込がおすすめです。

桁外面作業車に乗車できる貴重な機会

桁外面作業車(けたがいめんさぎょうしゃ)

桁外面作業車の乗車体験もできます(プレスリリースより)

今回のツアーの一つの目玉なのが「桁外面作業車(けたがいめんさぎょうしゃ)」への乗車です。

「桁外面作業車」は、橋桁の外側を囲う形になっている部分で、橋桁の外側部分を点検・補修するときに使用する橋梁補修用作業車です。

通常の「明石海峡大橋ブリッジワ-ルド」では見学ルートには入っていませんが、今回は特別にこの「桁外面作業車」に乗車することができます。

ツアー内容

ツアー内容

ツアー内容(プレスリリースより)

集合は、道の駅あわじ横にある、明石海峡大橋 淡路島側アンカレイジ入口です。

  1. 明石海峡大橋淡路島側アンカレイジで、ツアーの安全や明石海峡大橋に関する説明を受けます
  2. 地上から管理路の高さまで(高低差約40m)、アンカレイジ内の階段(ビル約10階相当171段)を歩いて昇降します
  3. 管理路を歩行(往復約2km)
  4. エレベータに乗って淡路島側主塔塔頂まで昇ります

※ツアーの途中で桁外面作業車への乗車体験があります。

主塔からの眺め

主塔からは360度のパノラマを楽しめます(プレスリリースより)

主塔の塔頂から見下ろす景色はまさに絶景!神戸の街並みから淡路島まで360度のパノラマを楽しめます。

開催日時

  1. 2023年7月17日(月・祝)13:20~15:20
  2. 2023年7月22日(土)13:20~15:20

※受付:開始時間15分前(13:05)より開催
※所要時間:約2時間

参加対象

ツアーの参加対象は、小学生(小学4年生~6年生)とその保護者限定。

保護者のみ、または小学生のみでの参加はできません。また、小学生が参加される場合は、中学生以上の方の参加も可能です。

定員:各回48名

料金(参加費用)

明石海峡大橋ブリッジワールド」夏休み親子向けスペシャルツアーの料金(参加費用)は以下のとおりです。

  • 大人(15歳以上、ただし中学生を除く):6,000円
  • 中学生:3,000円
  • 小学生(小学生4年生~6年生):無料

※大人1名の参加につき、小学校4年生~6年生2名まで参加可能
※集合場所までの交通費は別途必要
※参加料金は、クレジットカードによる事前決済が必要

ツアー概要

道の駅あわじ

開催日:2023年7月17日(月祝)、7月22日(土)
定員:各回48名
集合場所:明石海峡大橋 淡路島側アンカレイジ(道の駅あわじ隣接)
住所:兵庫県淡路市岩屋1873-1

関連記事
道の駅あわじに行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)
道の駅あわじに行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)

続きを見る

記事は作成時の情報をもとにして掲載されています。記事内容をもとにご判断される際には、公式サイトなどから最新の情報を入手してご確認ください。



タイプ別観光スポット

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-イベント情報
-