淡路島グルメ

海を眺めながら名店「鼓動」の『極・特上親子丼』をいただきます(淡路シェフガーデン)

2022年9月17日

海を眺めながら名店「鼓動」の『極・特上親子丼』をいただきます(淡路シェフガーデン)

鼓動「極・特上親子丼」

淡路シェフガーデン

淡路島北部・岩屋にある集合型レストラン施設「淡路シェフガーデン(Awaji Chef's Garden)」

岩屋港からすぐ南の好立地。目の前に大阪湾が広がるロケーションのなか、カラフルなコンテナやキッチンカーが並びます。

雰囲気の良さに加えて、料理を提供する店舗も本格的。バラエティに富んだメニューが並び、どれを食べるか迷ってしまいます。

その中でも今回は、大阪から出店している名店「鼓動」の親子丼をいただきます。

大阪の人気店「鼓動」

鼓動

コンテナエリアにあるこちら「鼓動」。

「鼓動」は、大阪(吹田市・豊中市)に店舗がある蕎麦・鴨・地鶏・発酵料理のお店です。

ランチ時には、紀州鴨と但馬の鶏を使った親子丼が人気です。

メディアにも多く取り上げられ、関西でベスト3に選ばれた実績もあるほどの究極の親子丼が淡路島でもいただけます。

鼓動のメニュー

鼓動のメニュー

シェフガーデンに出店している鼓動のメニューは、淡路島の食材を組み入れた、ここだけのオリジナルメニューです。

親子丼とカツ丼のほか、淡路鶏を使ったから揚げがあります。

  • 極・特上親子丼(1,300円税込)
  • 淡路豚のカツ丼(1,500円税込)
  • 淡路どりの麹から揚げ(600円税込)

極・特上親子丼

お店で注文をしてお会計をしたら、呼び出しベルでできあがりを待ちます。

極・特上親子丼

待つこと5分。極・特上親子丼を受け取り!

真ん中にのった、赤みの強い生卵を目を引きます。

赤みの強い生卵を目を引きます

こちらの極・特上親子丼は、国産最上級の紀州鴨(もも)に出汁甘酒床で発酵させた淡路鶏(もも・ムネ・せせり)を自慢のつゆで煮込み、濃厚赤卵で仕上げてあるんです。←すみません、メニュー看板にかかれていたまま書いてます

卵を溶いて、いただきます!

それでは、卵を溶いて、いただきます!これは、めちゃめちゃ食欲をそそります。

ちなみに、こちらの親子丼には玉ねぎは使われていません。

淡路島と言えば「玉ねぎ」。淡路島玉ねぎを使いたかったと思いますが、大阪の店舗と同様「極・特上親子丼には玉ねぎを使わない」といったこだわりがあるみたいですね。

まさに究極の親子丼

上品な甘辛出汁が、鶏肉・ご飯・トロトロ卵にしみて、さらに濃厚な生卵が絡みます。

「極・特上親子丼」の名前のとおり、究極の親子丼と言われる理由がよくわかります。

鶏肉も複数部位が入り、食感でも楽しめます。お肉たっぷりで満足感も高いですね。

あっという間に完食

けっこうボリュームがありましたが、あっという間に完食。ご馳走様でした!

海と神戸の街並み眺めながらの食事は最高

目の前は大阪湾と神戸の街並み

テラス席の前は大阪湾が広がります。その先には神戸の街並みもよく見えます。

心地よい潮風に吹かれながらいただく食事は最高ですね。

淡路シェフガーデンの情報

営業情報

  • 営業時間:11:00~21:00(L.O.20:00)※店舗により異なる
  • 営業時間(土日祝):9:00~21:00(L.O.20:00)※店舗により異なる
  • 定休日:なし※店舗により異なる
  • 住所:兵庫県淡路市岩屋2942-39
  • 駐車場:500円(普通車500台)

淡路シェフガーデンに行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)

関連記事
淡路シェフガーデンに行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)
【11/6で営業終了】淡路シェフガーデンに行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)

続きを見る

アクセス

車でのアクセス

神戸淡路鳴門自動車道・淡路IC~国道28号線(3分)

高速バスでのアクセス

バス停「鵜崎」を下車して徒歩3分

ジェノバラインでのアクセス

​岩屋港から無料シャトルバスで「淡路シェフガーデン」まで
※少し手前で下車して徒歩1分ほど

無料シャトルバスの情報・ルートはこちらの記事をご覧ください。

淡路島観光に便利な周遊バス一覧(無料シャトルバス/乗り放題/セット券)

関連記事
淡路島観光に便利な周遊バス一覧(無料シャトルバス/乗り放題/セット券)バス停マップ付
淡路島観光に便利な周遊バス一覧(無料シャトルバス/乗り放題/セット券)バス停マップ付

続きを見る

記事は作成時の情報をもとにして掲載されています。記事内容をもとにご判断される際には、公式サイトなどから最新の情報を入手してご確認ください。



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-淡路島グルメ
-