淡路島観光地情報 観光スポット 自然/公園

【灘黒岩水仙郷】斜面一面にスイセンが咲き誇る日本三大水仙群生地

2024年1月30日

【灘黒岩水仙郷】斜面一面にスイセンが咲き誇る日本三大水仙群生地

淡路島・灘黒岩水仙郷

灘黒岩水仙郷(なだくろいわすいせんきょう)は、紀伊水道に向かって広がる斜面一面に野生の水仙が咲き誇ります。

福井県の「越前海岸」、千葉県の「南房総・鋸南町」と並んで、日本三大水仙群生地と言われ、例年5万人が訪れる淡路島でも屈指の人気観光スポットです。

2023年12月にリニューアルされ、デッキの遊歩道(園路)やイートインスペースのカフェ、展望テラスなどが整備されました。

リニューアル後の灘黒岩水仙郷を詳しくご紹介します。

開園期間と見ごろ時期

灘黒岩水仙郷のスイセン

灘黒岩水仙郷の開園期間は、12月下旬から2月下旬頃まで。※管理棟は通年営業

一番の見頃となるのは、例年1月中旬から2月初旬にかけてです。ただし、夏場の雨の状況によっては開花が前後します。少雨だと開花が遅れがちになります。

最新の開花状況は、南あわじ市のホームページで確認できます。

斜面一面に咲き誇る水仙

灘黒岩水仙郷の全景

諭鶴羽山の斜面に沿って、約215メートルの遊歩道(園路)が整備されています。

斜面一面に水仙が咲き誇ります

斜面一面に水仙が咲き誇る様子は見応え十分です。

水仙の甘い香りがほんのりと漂い、香りを楽しみながら水仙を見学することができます。

デッキ園路が整備されました

遊歩道は幅も広く、デッキ階段に整備され、歩きやすくなりました。

階段が続きますので、歩きやすい靴で行かれるのをおすすめします。

園路から海を望みます

遊歩道からも海が見えます。海をバックに水仙を撮れるといいんですがちょっと難しそう。

園路途中にはベンチも用意されています

遊歩道の途中にはベンチも用意され、座って水仙を眺められます。

水仙郷のスイセン

所要時間は、ゆっくり園路を巡って、20分~30分くらいです。

リニューアル後の水仙郷は、スタート地点とゴール地点が同じ場所になっていますので、写真の撮り忘れなどあれば、もう一周回ることもできそうです。

屋上展望テラスからは海や沼島が一望

屋上展望テラス

管理棟屋上には展望テラスがあり、目の前に広がる海を眺められます。

沼島もよく見えます

海の先には「沼島」を望むこともできます。沼島は、周囲10キロほどの小さな島ですが、国生み神話に登場する「おのころ島」だという伝説が残る島です。

パワースポットあり、観光あり、グルメあり、淡路島でも屈指の観光スポットです。機会があれば是非訪れてみてください。

関連記事
【沼島(ぬしま)】伝説が多く残る淡路島の最強パワースポット!おすすめ観光地
【沼島(ぬしま)】伝説が多く残る淡路島の最強パワースポット!おすすめ観光地

続きを見る

イートインスペースには人気カフェ

イートインスペース

2階のイートインスペースには、淡路島の人気カフェ「ふくカフェ」がオープンしました。

ふくカフェ

クロワッサン生地のワッフル「クロッフル」や、淡路島カレー、牛丼などがいただけます。

ワッフルやラスク、自家焙煎コーヒードリップなども売っているのでおみやげに買って帰っても喜ばれそうですよ。

バリアフリー対応

リニューアル後はバリアフリーに対応しており、車椅子やベビーカーの方でも利用しやすくなっています。

バリアフリー

駐車場から水仙郷入口まで、水仙郷から管理棟屋上テラスまで、屋上からイートインスペースのある2階まで全てバリアフリー通路になっています。

水仙郷入口までバリアフリー

遊歩道は階段ですが、水仙郷入口までは車椅子やベビーカーでもアクセス可能です。

下からも水仙郷を眺めることもでき、また通路沿いにも水仙が咲いているので、通路越しに水仙を眺めたり、香りを楽しむこともできます。

デッキの遊歩道に入るのは有料ですが、通路から見るのは無料です。

上の方が花の数は多いですが、この場所からでも十分水仙を楽しむことができます。

ペットは同伴できる?

管理棟はペットの同伴が禁止です。(盲導犬は除く)

展望テラスや水仙郷の遊歩道はペット用キャリーバッグに入れれば同伴可能です。

駐車場内はリードでOKです。

入場料

灘黒岩水仙郷の入場料は以下のとおりです。

  • 大人(高校生以上):600円
  • 小人(小学1年生~中学3年生):300円
  • 幼児(小学生未満)、南あわじ市民:無料

入園券の販売所

入園券は、遊歩道(園路)入口手前にあるこちらで購入します。

購入は自動券売機で、高額紙幣の使用も可能。現金のみで、クレジットカードや電子マネーは利用できません。

割引・クーポン

リニューアルオープン直後は無料キャンペーンが行われていたようですが現在は終了。

団体割引(15人以上:1割引、100人以上:2割引)はありますが、その他割引やクーポンの発行などはないようです。

サイクリストの休憩所としても利用可能

自転車置き場

1階はエントランスになっていて、トイレなどが整備されています。

自転車専用の置き場も整備され、サイクリストの休憩所としても活用できます。
※取材時点ではサイクルラックは用意されていませんでした

コイン式で使用できるシャワー室も用意されています。(1回300円)

海岸線が続くアワイチのコース途中に休憩できる場所があるのは有難いですね。

水仙の遊歩道に入らず管理棟だけの利用の場合は、入場料は必要ありません。

花の札所

灘黒岩水仙郷は、あわじ花へんろ・花の札所の第42番(ニホンスイセン)です。

ただし、以前はスタンプ台があったのですが、リニューアル後は撤去されているようです。※今後設置の可能性あり

駐車場

駐車場

駐車場は無料で利用できます。約40台駐車可能です。

バイクの場合はこちらではなく、建物東側のスペース(バス停横)に誘導されます。

施設概要

灘黒岩水仙郷

営業情報

  • 営業時間:9:00~17:00(最終入園~16:30)
  • 料金:大人(高校生以上)600円、小人(小学生以上)300円
  • 住所:兵庫県南あわじ市灘黒岩2
  • 駐車場:あり(無料)

アクセス

車でのアクセス

・神戸淡路鳴門自動車道・西淡三原IC~(40分)
・神戸淡路鳴門自動車道・淡路島南IC~(40分)

高速バスでのアクセス

・「陸の港西淡」下車、コミュニティバスで「灘黒岩水仙郷」下車(65分)
・「洲本バスセンター」下車、路線バス「灘黒岩水仙郷」下車(55分)

シャトルバス

以前は福良から灘黒岩水仙郷が運行されていましたが、リニューアル後は運行されていないようです。

記事は作成時の情報をもとにして掲載されています。記事内容をもとにご判断される際には、公式サイトなどから最新の情報を入手してご確認ください。



タイプ別観光スポット

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-淡路島観光地情報, 観光スポット, 自然/公園
-,