淡路島観光地情報 観光スポット

「灘黒岩水仙郷」が2023年12月25日リニューアルオープン!通年営業&バリアフリー対応

2023年11月25日

「灘黒岩水仙郷」が2023年12月25日リニューアルオープン!通年営業&バリアフリー対応

灘黒岩水仙郷リニューアルオープン

閉園中だった淡路島南あわじ市の「灘黒岩水仙郷(なだくろいわすいせんきょう)」が、2023年12月25日(月)にリニューアルオープンとなります。

老朽化していた管理棟が建て替えられ、園内の遊歩道も整備されています。館内はバリアフリーにも対応。

水仙が開花する冬季限定のスポットでしたが、リニューアル後は通年営業の施設になり、地域の新しいランドマークとして生まれ変わります。

リニューアルされた管理棟は2階建てになり、1階エントランスは交流スペースとして、水仙郷利用者の他、サイクリストの休憩所としても利用できるようになります。

2階にはレストランや地場産品やお土産が買えるショップ、屋上には展望デッキが整備され、水仙や海を眺めることができるスペースになります。

リニューアル後の様子はこちらの記事をご覧ください。

関連記事
【灘黒岩水仙郷】斜面一面にスイセンが咲き誇る日本三大水仙群生地
【灘黒岩水仙郷】斜面一面にスイセンが咲き誇る日本三大水仙群生地

続きを見る

1階

1階はエントランスになり、トイレなどが整備されます。

水仙郷利用者のほか、サイクリストの休憩所としても活用されます。

海岸線が続くアワイチのコース途中に休憩できる場所ができるのは有難いですね。

2階

2階はイートインスペースとなり、レストランやお土産・地場産品等の販売スペースができる予定です。

屋上

3階の屋上には展望デッキが整備され、斜面に咲き誇る水仙や、目の前に広がる海を眺めることができます。

海の先には、国生み神話の舞台と言われている「沼島」を望むこともできます。

灘黒岩水仙郷

灘黒岩水仙郷は、紀伊水道に向かって広がる急斜面に約7ヘクタールにわたって500万本もの野生の水仙が咲き誇る、例年5万人が訪れる人気の水仙郷です。

福井県の「越前海岸」、千葉県の「南房総・鋸南町」と並んで、日本三大水仙群生地と言われています。

営業情報

  • 営業時間:9:00~17:00(最終入園~16:30)
  • 料金:大人(高校生以上)600円、小人(小学生以上)300円
  • 住所:兵庫県南あわじ市灘黒岩2
  • 駐車場:あり(無料)

アクセス

車でのアクセス

・神戸淡路鳴門自動車道・西淡三原IC~(40分)
・神戸淡路鳴門自動車道・淡路島南IC~(40分)

高速バスでのアクセス

「福良」下車、シャトルバスにて灘黒岩水仙郷まで(有料)※本年度の運行は未定

記事は作成時の情報をもとにして掲載されています。記事内容をもとにご判断される際には、公式サイトなどから最新の情報を入手してご確認ください。



タイプ別観光スポット

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-淡路島観光地情報, 観光スポット
-,