淡路島グルメ

「淡路の鯛ご飯卵かけ」はおすすめ!道の駅あわじの名物グルメ(えびす丸)

「淡路の鯛ご飯卵かけ」はおすすめ!道の駅あわじの名物グルメ(えびす丸)

道の駅あわじ「淡路の鯛ご飯卵かけ」

道の駅あわじの人気グルメと言えば「生しらす丼」ですが、今回は新たな名物として人気が高まっている「淡路の鯛ご飯卵かけ」をご紹介!

食の宝庫・淡路島には美味しいものがたくさんありますが、鯛も名産です。潮の流れがはやく、またプランクトンやエビ、カニなど鯛のエサが豊富な明石海峡や鳴門海峡で獲れる鯛は身が引き締まり絶品。

「淡路の鯛ご飯玉子かけ」は、淡路鯛の刺身がたっぷりとのった海鮮丼に、新鮮な卵をかけていただく一杯。

鯛ご飯だけでも美味しいのに、さらに卵と出汁醤油がからんでいただく贅沢な卵かけご飯なんです。美味しさ倍増、お箸が止まらなくなります。

テレビ番組や雑誌などでもよく取り上げられている話題の丼。生しらす丼とあわせて一度ご賞味ください。

おさかな共和国 えびす丸

おさかな共和国 えびす丸

「淡路の鯛ご飯卵かけ」がいただけるのは、こちらの「おさかな共和国 えびす丸」

駐車場から入ってすぐ左手にあります。

土日には、店の外にまで行列が伸びる「道の駅あわじ」で一番人気と言ってよいお店です。今日は平日の遅めの時間なのでガラガラです。

えびす丸のメニュー

えびす丸のメニュー

おさかな共和国 えびす丸のメニューは丼ものが中心。

1000円以下のメニューが多いのがうれしい。お目当ての「淡路の鯛ご飯卵かけ」は880円!

明石海峡大橋を見ながらいただきます

大橋を見ながらいただきます

席は自由なので外のテラス席でいただきます。こちらも今日はガラガラですね。

明石海峡大橋の雄大な姿や行き交う船を眺めながらいただくご飯は格別です。

淡路の鯛ご飯卵かけをいただきます!

淡路の鯛ご飯卵かけをいただきます!

こちらが「淡路の鯛ご飯卵かけ」です。美味しそうじゃないですか?

丼とは別に、だし醤油の入った卵がカップに入っています。

淡路の鯛ご飯卵かけ

鯛がたっぷり!白ゴマが散り、上にわさびと青ネギがのっています。

写真では分かりにくいですが、鯛の下には刻みのりが敷かれています。

卵をかけずに食べてみます

卵をかける前に、まずは鯛ご飯としていただいてみましょう。

鯛の刺身は漬けになっていて味が付いているので、わさびをのせてそのままいただきます!

コリっというようなモチっというような何とも言えない鯛の食感。甘みもあって、鯛ご飯でもめちゃ旨ですよ。

卵をかけます

それでは、卵をかけていただきます!卵も新鮮です。

贅沢な卵かけご飯ですね。このビジュアルにテンションが上がります。

鯛に出汁卵がからみます

卵と出汁醤油が鯛とよく合います。

鯛ご飯だけでも美味しかったですが、さらに卵と出汁醤油がからんでいただく卵かけご飯になれば美味しさ倍増。

お箸が止まらなくなって一気に完食。ごちそうさまでした。

道の駅あわじの新名物「淡路の鯛ご飯玉子かけ」是非一度食べてみてください。

もちろん、生しらす丼もおすすめですよ!

道の駅あわじの人気店「おさかな共和国 えびす丸」で「生しらす丼」を食べてきたよ

関連記事
道の駅あわじの人気店「おさかな共和国 えびす丸」で「生しらす丼」を食べてきたよ
道の駅あわじの人気店「おさかな共和国 えびす丸」で「生しらす丼」を食べてきたよ

続きを見る

道の駅あわじ

道の駅あわじ

営業情報

  • 営業時間:レストラン 11:00~17:30 (17:00 L.O.)
  • 定休日:水曜日
  • 住所:兵庫県淡路市岩屋1873-1
  • 駐車場:無料(普通車70台)

道の駅あわじに行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)

関連記事
道の駅あわじに行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)
道の駅あわじに行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)

続きを見る

アクセス

車でのアクセス

神戸淡路鳴門自動車道・淡路IC~県道31号線(5分)

高速バスでのアクセス

淡路ICからタクシーで「道の駅あわじ」まで

ジェノバラインでのアクセス

​岩屋港から無料シャトルバスで「道の駅あわじ」まで
※時期により運行していない場合もあります

無料シャトルバスの情報・ルートはこちらの記事をご覧ください。

淡路島観光に便利な周遊バス一覧(無料シャトルバス/乗り放題/セット券)

関連記事
淡路島観光に便利な周遊バス一覧(無料シャトルバス/乗り放題/セット券)バス停マップ付
淡路島観光に便利な周遊バス一覧(無料シャトルバス/乗り放題/セット券)バス停マップ付

続きを見る

記事内容は作成時の情報となり変わっている可能性があります。記事内容をもとにご判断される際には、公式サイトなどから最新の情報を入手してご確認ください。



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-淡路島グルメ
-,