淡路島宿泊

【ワンともキャンプ場】淡路島の犬連れ限定オートキャンプ場(全サイトにドッグラン付)

2022年10月1日

【ワンともキャンプ場】淡路島の犬連れ限定オートキャンプ場(全サイトにドッグラン付)

犬連れ限定「ワンともキャンプ場」

「ワンともキャンプ場」は、淡路島南西部、自然豊かな里山・伊加利地区にあるオートキャンプ場です。

愛犬家が愛犬家のために考えたキャンプ場。ワンちゃんと気兼ねなくゆっくり過ごしてほしいとの想いから、犬連れの方限定のキャンプ場となっています。

5,000㎡の広々した敷地に17サイト。全サイトに専用の人工芝ドッグランが付いています。

犬同伴OKのキャンプ場もいろいろとありますが、「犬連れでない方もいるとやっぱり気を遣ってしまう」「大きなドッグランに行っても他の犬に圧倒されて満足に遊べない」などといった心配や不満もあります。

「ワンともキャンプ場」なら、柵に囲まれた専用エリアで気兼ねなくワンちゃんを遊ばせることができます。

17サイトのうち2サイトはテント付きのサイトで、グランピングに使用されるベルテントが利用できます。

「ワンともキャンプ場」は2022年10月にプレオープン、2023年春のグランドオープンに向けてテスト運営中です。

全サイトに人工芝ドッグラン付き

ワンともキャンプ場の空撮イメージ

サイトは全部で17。全サイトに人工芝の敷かれたドッグラン付きです。

サイトの周りには柵が設置され、完全なプライベートスペースになっています。

高さ90cmの柵は、周りの目線が気にならず、外の景色が楽しめるちょうどいい高さです。

全サイトに専用ドッグラン付き

専用のドッグランなので、周りに気兼ねなくワンちゃんを遊ばせることができます。

ドッグランエリアは、ワンちゃんの足が痛くならないように人工芝になっています。

1サイトにワンちゃん5頭までOK。

人工芝&瓦チップ敷

この人工芝のエリアに自由にテントを張ることができます。

ドッグラン付きというよりも、ドッグランの中でキャンプが楽しめると言ったほがいいかもしれませんね。

車はサイト内に入れることはできませんが、サイトのすぐ横に駐車可能なので、遠くまで荷物を運ぶ手間はありません。

瓦チップでバーベキューを楽しめる

瓦チップでバーベキュー

サイトの一部には、淡路島の名産でもある瓦のチップが敷き詰められています。

瓦チップエリアでコンロを使ってバーベキューも楽しむことができます。

火器スペース兼ワンちゃんのおトイレスペースになっています。

全サイトにAC電源完備

全サイトにAC電源完備

全サイトにAC電源が完備されています。

電源があると何かと便利。携帯電話の充電もできますし、電気ヒーターや扇風機など冷暖房も動かせるので年中快適なキャンプが楽しめます。

たまねぎテントエリア

たまねぎテントエリア

17サイトのうち、15サイトは自分でテントを張るノーマルサイト(キャンプエリア)、2サイトはテント付きの貸テントサイト(たまねぎテントエリア)。

たまねぎテントエリアは、グランピング施設でよく使われているイギリス発ロータスベルのベルテントが採用されています。

淡路島らしい玉ねぎ型が特徴です。直径4m、最大天井高3mあり、広々と過ごせます。

サイトの広さは約100㎡。

寝具やBBQコンロなどのオプションはありませんので、キャンプ道具は自分で用意してくださいね。

場内の川や池でも水遊び

場内の川や池でも水遊び

キャンプ場の周辺に海や川など水辺がないため、少しでも退屈しないようにキャンプ場中央には人工の川が作られています。

川上と川下には池もあり水遊びが楽しめます。

うずしお温泉が隣接

うずしお温泉

キャンプ場には、シャワーも用意されていますが、隣接する天然温泉施設「うずしお温泉」の利用も可能です。

うずしお温泉は、地下1000m約8千万年前の地層から湧き出す温泉です。

炭酸水素イオンとよばれる重曹成分が多く含む、美容と健康にいいとされる、いわゆる「美人湯」の温泉です。

トロトロのお湯は、肌を柔らかくして角質や汚れを落とし、肌をスベスベにする効果があると言われています。

飛行犬撮影も可能

「飛行犬」撮影で有名な「南あわじドッグラン・飛行犬撮影所」隣接

「ワンともキャンプ場」は、まるでワンちゃんが空を飛んでいるように見える「飛行犬」写真撮影で有名な「南あわじドッグラン・飛行犬撮影所」に隣接しています。

500坪ほどの広々としたドッグランがあり、キャンプ場利用者はこちらのドッグランも利用することができます。(時間指定あり、撮影中は利用不可)

こちらの、元祖「飛行犬」の撮影家の的場信幸さんは、今回オープンした「ワンともキャンプ場」を運営する株式会社いかりの会長も務められています。

「南あわじドッグラン・飛行犬撮影所」に予約をすれば「飛行犬」の撮影をしてもらうこともできます。当日予約も可能ですので、キャンプ場を利用される際は、飛行犬撮影も是非体験してみてください。

料金

ドッグラン付ノーマルサイト(キャンプエリア)

料金:9,900円~/1区画
区画数:15区画
広さ:約80㎡
利用人数:大人最大5名まで

貸テントサイト(たまねぎテントエリア)

料金:26,400円~/1棟
区画数:2区画
広さ:約100㎡
利用人数:大人最大5名まで

レンタル品

現時点で、レンタルや販売は行われていません。
テントや寝具、BBQコンロなどのキャンプ用品は各自で用意します。
※たまねぎテントエリアにはテントが常設されています

キャンプ場で地域活性化

キャンプ場で地域活性化

「ワンともキャンプ場」は、のどかな里山風景が広がる南あわじ市伊加利(いかり)地区にあります。

豊かな自然、美味しい数々の食材、温泉など、実際に来てみれば魅力いっぱい。

しかしながら、高齢化や人口減少によりその魅力が失われていく危機感から、地元の有志が集まり、地域活性化を目的にキャンプ場を始めることになりました。

運営サイドもそうですが、地域にも愛犬家が多いエリア。

コンセプトは「ワンちゃんも飼い主さんも田舎でゆっくりと」です。

都会の喧騒から離れて、できるだけワンちゃんと飼い主さんにこの伊加利で田舎を満喫しながらゆっくり過ごしてほしいという想いで犬連れ専用キャンプ場が作られました。

愛犬家による愛犬家のためのキャンプ場です。

場内マップ・イメージ

ワンともキャンプ場の場内マップ

施設概要

  • 開業日:2022年10月プレオープン、2023年春のグランドオープン予定
  • サイト数:17サイト(キャンプエリア15、たまねぎテントエリア2)
  • チェックイン:14:00~17:00
  • チェックアウト:9:00~11:00
  • 住所:兵庫県南あわじ市伊加利1187-1
  • 駐車場:1台はサイト横づけ可(2台以上の場合、別途駐車場あり)

アクセス

車で、大阪市内から約2時間、神戸市内から約1時間。

  • 北からのルート:神戸淡路鳴門自動車道・西淡三原インター~(10分)
  • 南からのルート:神戸淡路鳴門自動車道・南あわじインター~(10分)
記事は作成時の情報をもとにして掲載されています。記事内容をもとにご判断される際には、公式サイトなどから最新の情報を入手してご確認ください。



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-淡路島宿泊
-, ,