淡路島観光地情報 観光スポット

淡路島・北部エリアの無料で楽しめる施設・公園・観光スポット12選

2022年9月3日

淡路島・北部エリアの無料で楽しめる施設・公園・観光スポット12選

淡路島の無料観光スポット

瀬戸内海最大の島「淡路島」。神戸や大阪からもアクセスしやすい観光地です。

自然あり、グルメあり、遊び場あり。見どころ・観光スポットがたくさんある淡路島ですが、お金をかけずに楽しみたいときもありますよね。

今回は、無料で遊べる公園や入場料無料のビュースポットなど、淡路島北部エリアを中心に、すべて無料で楽しめる観光スポットをご紹介します。

道の駅あわじ

道の駅あわじ

観光時間の目安:30分~1時間(食事時間を抜きにした概算)

「道の駅あわじ」は、世界最長級の吊り橋「明石海峡大橋」のメインケーブルを固定する巨大な「アンカレイジ」の根元にある道の駅です。

明石海峡大橋を真下から見ることができる絶好のロケーション。広々とした開放感たっぷりの公園「松帆アンカレイジパーク」には、海底のおもりや潜水装置など、大橋建造に関わったモニュメントも展示され自由に見学できます。

生しらす丼や淡路牛バーガーなど淡路島のご当地グルメも楽しめる人気スポットです。

パークに広がる円形石畳の真ん中に設置されているポケモンマンホール「ポケふた」も見どころです。

関連記事
道の駅あわじに行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)
道の駅あわじに行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)

続きを見る

  • 営業時間(平日):9:30~17:30※12~2月は~17:00
  • 営業時間(土日祝):9:00~17:30
  • 定休日:なし※店舗による
  • 駐車場:無料(普通車70台)
  • 住所:兵庫県淡路市岩屋1873-1
  • URL:http://michi-awaji.co.jp/

絵島

絵島

観光時間の目安:5分

淡路島の船の玄関口、高速船のジェノバラインが発着する岩屋港のすぐそばにある奇岩の小島です。

古事記「国生み」神話でイザナギとイザナミが最初に作った「オノコロ島」伝承地の一つとも言われ、『日本発祥の地』なのでは?と人気のパワースポットです。

島には上陸できませんが、橋を渡った先から、2千万年以上も前の地層が露出した岩肌の浸食模様を観察することができます。

関連記事
岩屋港近くにある「絵島」は平清盛ゆかりのパワースポット(淡路島の観光スポット)
岩屋港近くにある「絵島」は平清盛ゆかりのパワースポット(淡路島の観光スポット)

続きを見る

  • 観覧時間:24時間※現在上陸はできません
  • 定休日:なし
  • 料金:無料
  • 駐車場:岩屋ポートビル駐車場(1時間無料)
  • 住所:兵庫県淡路市岩屋884-4

淡路ハイウェイオアシス

淡路ハイウェイオアシス

観光時間の目安:30分~1時間(食事時間を抜きにした概算)

淡路ハイウェイオアシスは、明石海峡大橋と瀬戸内海を一望できる高台にあり、食事やショッピングが楽しめる複合観光施設です。

オアシス館の、淡路たまねぎスープが蛇口から出てくる無料試飲が人気です。

淡路島公園が隣接しており、大きな芝生広場やすべり台、水辺の広場、ニジゲンノモリなど遊び場所もたくさんあります。

淡路島のグルメが楽しめるカフェやレストラン、淡路島のおみやげが買えるショップ、地元の野菜や果物が買えるコーナーもあります。

愛犬といっしょに写真が撮れるオブジェも設置され、撮影も楽しめます。

関連記事
淡路ハイウェイオアシスに行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)
淡路ハイウェイオアシスに行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)

続きを見る

  • 営業時間:11:00~19:00
  • 営業時間(土日祝):9:00~20:00
  • 定休日:なし
  • 住所:兵庫県淡路市岩屋大林2674-3
  • 駐車場:無料(普通車560台)、A1駐車場は3時間まで無料・以降1日500円
  • URL:http://www.awajishimahighwayoasis.com/

兵庫県立淡路島公園

兵庫県立淡路島公園

観光時間の目安:3~4時間(食事時間を抜きにした概算)

県立淡路島公園は、淡路島北部の丘陵地帯に整備された135ヘクタールもある広大な県立公園。まさに淡路島を代表するような公園です。

大きな芝生広場やローラーすべり台、水の遊び場、子供向けの遊具など遊び場がいっぱいの「交流ゾーン」、森林浴や明石海峡の大パノラマが楽しめる自然豊かな「森のゾーン」、アトラクションいっぱいの「ニジゲンノモリ」など、子どもから大人まで家族で1日中楽しむことができます。

桜の咲き誇る広場もあり、春にはお花見としてもおすすめのスポットです。

関連記事
1日中遊べる!県立淡路島公園に行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)
1日中遊べる!県立淡路島公園に行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)

続きを見る

  • 営業時間:入園自由、管理事務所・遊具の利用は、9:00~17:00
  • 入場料:無料
  • 定休日:なし、管理事務所は年末年始休みあり
  • 住所:兵庫県淡路市楠本2425-2
  • 駐車場:無料 ※A1・A2駐車場は3時間まで無料・以降1日500円
  • URL:https://www.hyogo-park.or.jp/awajishima/

ニジゲンノモリ

ニジゲンノモリ

観光時間の目安:1~1.5時間(アトラクション体験なし)

「ニジゲンノモリ」は、県立淡路島公園内にある、漫画・アニメ・ゲーム・映画の二次元の世界観と、淡路島の豊かな自然が融合したテーマパークです。

公園内に点在するアトラクションでは、自然の中で体を動かしながら、二次元の世界観を体験することができます。

アトラクションは有料ですが、園内にはいろいろなところにクレヨンしんちゃんのキャラクターがいたり、ゴジラアトラクションを見学したり、無料でも楽しむことができます。

見ていて体験したくなったら是非アトラクションに挑戦してみてください。

関連記事
【ニジゲンノモリ】アトラクション・料金・楽しみ方(淡路島公園アニメパーク)
【ニジゲンノモリ】アトラクション・料金・楽しみ方(淡路島公園アニメパーク)

続きを見る

  • 営業時間:10:00~22:00
  • 入場料:無料
  • 定休日:なし
  • 住所:兵庫県淡路市楠本2425-2
  • 駐車場:無料 ※A1・A2駐車場は3時間まで無料・以降1日500円
  • URL:https://nijigennomori.com/

石の寝屋緑地公園

石の寝屋緑地公園

観光時間の目安:1.5時間~2.5時間

あわじ石の寝屋緑地(いしのねやりょくち)は、淡路島の北端にある森林公園です。

「石の寝屋」の古墳群(古墳時代に海辺で生活していた人々のお墓)が保存されており、大きな芝生の広がる森の広場や遊歩道、展望台などが整備され、淡路島の豊かな自然を満喫することができます。

ここの一番の見どころは標高245mの場所にある「海峡展望台」からの絶景。淡路島に明石海峡大橋が見えるスポットは数あれど、真正面から見下ろす場所はなかなかありません。

急な階段を上がりきった先に見れる絶景ですが、がんばって是非一度は行ってみて欲しい超おすすめスポットです。

関連記事
あわじ石の寝屋緑地に行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)
あわじ石の寝屋緑地に行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)

続きを見る

  • 営業時間:9:00~17:00
  • 入場料:無料
  • 定休日:定休日なし
  • 住所:兵庫県淡路市岩屋茂谷2009-3
  • 駐車場:無料(乗用車40台)
  • URL:https://www.hyogo-park.or.jp/ishinoneya/

あわじ花さじき

あわじ花さじき

観光時間の目安:1~1.5時間(食事時間を抜きにした概算)

あわじ花さじきは、淡路北部、海を望む丘陵地にある花の名所です。明石海峡大橋・大阪湾を背景に、一面花の大パノラマを体験できる淡路島屈指の人気スポットです。

約250万本もの花が植えられており、春には菜の花やポピー、夏から秋にかけてはサルビアやコスモス、冬にはストックなど、季節ごとの花々を楽しむことができます。

季節ごとに花が変わるので、いつ来ても違った楽しみがあります。花畑をゆっくり散策しながら体も心もリラックスできます。

入場無料ですが、車の場合、駐車料金が必要です。

関連記事
あわじ花さじきに行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)
あわじ花さじきに行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)

続きを見る

  • 営業時間:9:00~17:00(最終入園 16:30)※季節により開園時間変動
  • 入場料:無料
  • 定休日:年末年始
  • 住所:兵庫県淡路市楠本2805-7
  • 駐車場:200円(乗用車200台)※春秋は臨時駐車場あり
  • URL:https://awajihanasajiki.jp/

淡路夢舞台

淡路夢舞台

観光時間の目安:1~1.5時間(食事時間を抜きにした概算)

東海岸の高台にある複合文化リゾート施設です。

建築家・安藤忠雄氏がデザインした回遊式庭園で、山の斜面に沿って階段状に並ぶ100個の花壇「百段苑」をはじめ、貝が敷き詰められた噴水、円形のフォーラムなど独特な風景が広がります。

自然のなかを歩く遊歩道もあり、ゆっくりと散歩を楽しむこともできます。

有料にはなりますが、季節の花々が咲き誇る明石海峡公園もおすすめの観光スポットです。

淡路夢舞台は無料で自由に見学できますが、車の場合は駐車料金が必要です。

  • 定休日:無休
  • 入場料:無料
  • 駐車場:600円(乗用車600台)
  • 住所:兵庫県淡路市夢舞台2
  • URL:https://www.yumebutai.co.jp/

パルシェ香りの館

パルシェ香りの館

観光時間の目安:1~2時間(食事時間を抜きにした概算)

パルシェ香りの館は香りのテーマパーク。敷地内には、大農園や温室、ハーブガーデンもあり、自然に触れながらゆっくり過ごすことができます。

アロマや香水、香辛料などさまざまな香りの見本が楽しめるほか、オリジナル香水・お香作りやドライフラワーを使ったリース・ハーバリウム作りなどの体験もできます。

スリル満点の「ローラーすべり台」も子どもたちに人気です。

播磨灘を見渡す高台の足元にあるポケモンマンホール「ポケふた」も要チェックです。

関連記事
パルシェ香りの館・香りの湯に行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)
パルシェ香りの館・香りの湯に行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)

続きを見る

  • 営業時間:10:00~17:00※店舗・時期によって異なる
  • 定休日:不定休
  • 入場料:無料
  • 駐車場:無料(乗用車200台)
  • 住所:兵庫県淡路市尾崎3025-1
  • URL:https://www.parchez.co.jp/

五斗長垣内遺跡

五斗長垣内遺跡

観光時間の目安:30分~1時間

五斗長垣内遺跡(ごっさかいといせき)は、約1800~1900年前の弥生時代後期に鉄器づくりを行っていたムラの跡です。

発掘調査では、23棟の竪穴建物跡のうち、12棟で鉄器を作る炉跡が発見。鉄が貴重だった時代に、この地に国内最大規模の鍛冶工房の村があったのではないかと考えられています。

三角屋根の鍛冶工房を復元した竪穴建物も建ち、海を見下ろす丘に立つと、まるで弥生時代にタイムスリップしたような気分になれますよ。

  • 営業時間:9:00~17:00
  • 入場料:無料
  • 定休日:月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始
  • 住所:兵庫県淡路市黒谷1395-3
  • 駐車場:無料
  • URL:http://gossa-awaji.jp/remains/

たこせんべいの里

たこせんべいの里

観光時間の目安:30分~1時間

「たこせんべいの里」は、津名一宮IC近くにある、おせんべいの「製造直売施設」です。

タコ、エビ、イカなど海鮮系を中心に約40種、工場で製造された風味豊かなおせんべいを買うことができます。

無料試食コーナーがあるので試食して買うことができ、また休憩コーナーではコーヒーやお茶など無料ドリンクをいただきながらゆっくり休めます。

工場が併設されているので、おせんべいを作る工程を見学することもできます。

たこせんべいは地元の人も大好き、自分で食べても良し、おみやげにしても喜ばれますよ。

関連記事
淡路島の人気観光スポット「たこせんべいの里」最新情報!コロナ後の試食方法は?
淡路島の人気観光スポット「たこせんべいの里」最新情報!コロナ後の試食方法は?

続きを見る

  • 営業時間:9:00~17:00(年末年始は変更あり)
  • 定休日:不定休
  • 入場料:無料
  • 駐車場:無料(乗用車150台)
  • 住所:兵庫県淡路市中田4155番1
  • URL:http://www.takosato.co.jp/

伊弉諾神宮

伊弉諾神宮

観光時間の目安:30分~1時間

伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)は古事記・日本書紀の国生み神話に登場する伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)を祭神とする“日本最古”の由緒ある神社です。

国生み・35柱の神々を生み出す大業を終えた伊弉諾尊が余生を過ごし、その御陵(お墓)が「伊弉諾神宮」の起源になったとされており、まさに淡路島を代表するパワースポット!

国生み神話で夫婦となった2神を祀る「伊弉諾神宮」の境内には、樹齢900年の御神木「夫婦大楠」もあり、縁結び・夫婦円満などのご利益があると言われています。

関連記事
日本最古の神社「伊弉諾神宮」は最強パワースポット(淡路島の観光スポット)
日本最古の神社「伊弉諾神宮」は最強パワースポット(淡路島の観光スポット)

続きを見る

  • 営業時間:24時間(社務所は8:30~17:00)
  • 定休日:なし
  • 参拝料:無料
  • 駐車場:無料(乗用車25台)
  • 住所:兵庫県淡路市多賀740
  • URL:

まとめ

淡路島にはお金をかけなくても楽しめるスポットがたくさんあります。

今回は北部エリアを中心に無料で楽しめる観光スポットを12ヶ所ご紹介しました。

無料スポットも組み合わせながら充実した淡路島観光を楽しんでください。

無料スポットのほか、北部エリアには他にもおすすめの観光スポットがたくさんあります。
こちらで厳選した観光スポットをまとめていますので、是非チェックしてみてください。

淡路島・北部エリアの人気・おすすめ観光スポット(見どころ・観光時間の目安)

関連記事
淡路島・北部エリアの人気・おすすめ観光スポット(見どころ・観光時間の目安)
淡路島・北部エリアの人気・おすすめ観光スポット(見どころ・観光時間の目安)

続きを見る

記事内容は作成時の情報となり変わっている可能性があります。記事内容をもとにご判断される際には、公式サイトなどから最新の情報を入手してご確認ください。



-淡路島観光地情報, 観光スポット
-,