淡路島観光地情報 観光スポット

道の駅福良(ふくら)に行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)

道の駅福良(南あわじ市)に行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)

道の駅福良の見どころ

道の駅福良(ふくら)は、淡路島の南端に近い福良湾にある道の駅です。

レストランやおみやげ屋さんだけでなく、産地直売所の「福良マルシェ」、足湯「うずのゆ」なども併設した人気の観光スポットです。

さらに、世界最大級の鳴門のうずしおを間近に見ることができる「うずしおクルーズ」、500年の歴史を持つ淡路人形浄瑠璃の劇場「淡路人形座」など楽しみもいっぱいです。

「道の駅うずしお」「うずの丘」への無料シャトルバスも出ているので、近隣観光の拠点としても使いやすい場所です。

高速バスの発着場もあり、車がなくても神戸方面から気軽にアクセスできます。

うずしおドームなないろ館

うずしおドームなないろ館

「うずしおドームなないろ館」は、道の駅福良のメイン館で、1階にはおみやげショップ、うずしおクルーズの乗船券売場、観光案内所、2階にはレストラン、そして屋上に展望台があります。

1階のおみやげショップ

1階のおみやげショップでは、玉ねぎをはじめ野菜や特産品、バームクーヘンやタルトなどお菓子、玉ねぎスープなど地元淡路のものがいろいろ揃います。

淡路島オニオンチップス

個人的なおすすめは、こちらの「淡路島オニオンチップス」(430円)。

1袋にたっぷり玉ねぎ1玉分を使ったオニオンチップス。サクッサクッと軽い食感で、玉ねぎの風味がしっかり感じられるチップスです。

世界最大の渦潮が見える「うずしおクルーズ」

うずしおクルーズ船「咸臨丸」

道の駅福良といえばやはり「うずしおクルーズ」。

淡路島と徳島の間・鳴門海峡の渦潮を、船に乗って見に行くことができます。

鳴門の渦潮

春と秋の大潮のときには、直径30mにもなる世界一の大渦が出現することも。

間近に見る巨大な渦は本当に大迫力!

大鳴門橋を真下から見たり、鳴門海峡の景色もきれいで往復の船旅も楽しめます。

当日でも空きがあれば乗船することができますが、潮の“期待度”を調べて、事前にWEB予約しておくのがおすすめです。

また、出航船も「日本丸」「咸臨丸」が交互に出航しており、予約しておけば希望の観潮船に乗ることができます。「咸臨丸」は、2021年3月に就航したばかりの新しい船なので、やはり人気のようです。

時間9:00~17:00
定休日無休
料金大人(中学生以上)2,500円、小学生1,000円、小学生未満は大人1名につき1名無料
URLうずしおクルーズ

淡路島「うずしおクルーズ」で世界最大の渦潮を見に行こう!(南あわじ市福良)

関連記事
淡路島「うずしおクルーズ」で世界最大の渦潮を見に行こう!(南あわじ市福良)
淡路島「うずしおクルーズ」で世界最大の渦潮を見に行こう!(南あわじ市福良)

続きを見る

フォトスポット

うずしおクルーズの前にはこんなフォトスポットもあります。

咸臨丸をバックにAWAJIオブジェで「パシャリ!」インスタ映えする写真も撮れますよ。

福良港を眺めながら足湯が楽しめる「うずのゆ」

足湯「うずのゆ」

「うずしおドームなないろ館」の横には、無料で利用できる足湯「うずのゆ」があります。

鳴門海峡の渦潮のように水流で渦になった足湯や手湯、たこ壺型の足湯などが楽しめます。

目の前には「うずしおクルーズ」の発着する福良港があり、海や観潮船を眺めながらゆっくり足湯を楽しむことができます。

時間10:00~17:00
定休日無休(点検日休み)
料金無料
温泉泉質:ナトリウム-炭酸水素塩温泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復等

淡路島産にこだわる産直所「福良マルシェ」

福良マルシェ

道の駅福良に隣接する「福良マルシェ」は、淡路島産にこだわった産地直売所です。

淡路島の野菜や果物、魚介、肉、調味料など、淡路の美味しいものが集まっています。

地元の農家さんから仕入れている野菜はどれもホントに新鮮。しかもリーズナブルなのがうれしいです。

時間9:30~17:00
定休日無休
住所兵庫県南あわじ市福良甲1530-2
URL福良マルシェ

「福良マルシェ」淡路島産にこだわる産地直売所には美味しいものがいっぱい!

関連記事
「福良マルシェ」淡路島産にこだわる産地直売所には美味しいものがいっぱい!
「福良マルシェ」淡路島産にこだわる産地直売所には美味しいグルメがいっぱい!

続きを見る

地元淡路の「海の幸」を堪能

海の幸

「うずしおドームなないろ館」の斜め前に、「海の幸」という小さいですが数店舗並ぶ商店街があり、こちらでも食事が食べられます。

山武水産

お昼時はどこも人気ですが、特にいつも人が多いのがこちらの「山武水産」。

店頭で焼いている「大あさり焼」のほか、海鮮丼、うに丼、穴子丼が人気です。

淡路人形座

淡路人形座

駐車場から道路を挟んで建つ面白い外観の建物が「淡路人形座」。

500年の歴史を持つ淡路人形浄瑠璃を観劇することができる唯一の劇場です。

公演前に舞台裏や人形の仕組みを説明してもらえるので、子どもさんや初めての方でも興味深く楽しめます。

1日4回公演で、公演時間は約45分。席数も179席あり、団体予約がなければ当日でも混み合うことなく見れると思います。

開演10:00 11:10 13:30 15:00(定時公演)
時間所要時間 約45分(演目により変更あり)
定休日水曜日・年末年始、ほか不定休あり
住所兵庫県南あわじ市福良甲1528-1
URL淡路人形座

舞台裏ツアーも楽しい!淡路人形座で伝統芸能「人形浄瑠璃」を体験

関連記事
舞台裏ツアーも楽しい!淡路人形座で伝統芸能「人形浄瑠璃」を体験(南あわじ市福良)
舞台裏ツアーも楽しい!淡路人形座で伝統芸能「人形浄瑠璃」を体験(南あわじ市福良)

続きを見る

道の駅うずしお行きの無料シャトルバス

道の駅うずしお行きの無料シャトルバス

駐車場からは、ここ「道の駅福良」と大鳴門橋の根元にある「道の駅うずしお」、大鳴門橋を見下ろす「うずの丘 大鳴門橋記念館」を結ぶ無料のシャトルバスが出ています。

どちらも見どころの多い観光スポット。バスの便数は多くないのがちょっと残念ですが、無料で利用できるので、うまく活用できれば便利です。

「道の駅うずしお」と「うずの丘大鳴門橋記念館」だけの行き来はできないのでご注意を。

福良周遊無料シャトルバスの時刻表はコチラ(pdf:411KB)

関連記事
「うずの丘 大鳴門橋記念館」に行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)
「うずの丘 大鳴門橋記念館」に行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)

続きを見る

関連記事
「道の駅うずしお」に行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)
「道の駅うずしお」に行く前に見どころチェック!(淡路島の観光スポット)

続きを見る

福良港は「淡路島3年とらふぐ」の産地

巨大バルーン「100年とらふぐ」

福良港は「淡路島3年とらふぐ」の産地としても有名です。

潮の流れの速い鳴門海峡に近い福良湾で育つ「淡路島3年とらふぐ」は、身がしまり、濃厚な味わいが特徴。

3年間かけて育てるトラフグは大きいだけでなく、身も天然トラフグと変わらない美味しさなんです。

ちなみに、写真は巨大バルーン「100年とらふぐ」。道の駅福良の近くにいるので探してみてください。お腹に書かれた“福”を見るといいことあるかも。

若男水産

近くには、淡路島3年とらふぐの通販で有名な「若男水産」もあります。

ホテル(マリオット)もオープン予定

2023年には、道の駅福良に隣接する形でマリオット系列のホテル「フェアフィールド・バイ・マリオット・兵庫南あわじ」がオープン予定です。

客室数:100
延床面積:3,700㎡
階数:4階

関連記事
淡路島に道の駅隣接ホテル「フェアフィールド・バイ・マリオット」が2023年オープン予定
淡路島に道の駅隣接ホテル「フェアフィールド・バイ・マリオット」が2023年オープン予定

続きを見る

道の駅福良の営業情報・アクセス

道の駅福良

渦潮観光の拠点としても使いやすい「道の駅福良」。うずしおクルーズで渦潮を見て、人形劇を見て、地元淡路の美味しいものを食べて、周辺観光地に出かけて、足湯でゆっくりして、おみやげを買って、と1日楽しめる観光スポットです。

駐車場・トイレは24時間利用可能なので車中泊に利用される方も多い場所です。

営業情報

  • 営業時間:9:00~17:00 ※各施設により異なる
  • 定休日:無休 ※各施設により異なる
  • 駐車料金:無料(乗用車49台)
  • 住所:兵庫県南あわじ市福良甲1528-1

アクセス

車でのアクセス

・神戸淡路鳴門自動車道・西淡三原IC~(15分)
・神戸淡路鳴門自動車道・淡路島南IC~(12分)

高速バスでのアクセス

「福良バスターミナル」からすぐ

道の駅福良(南あわじ市)

記事内容は作成時の情報となり変わっている可能性があります。記事内容をもとにご判断される際には、公式サイトなどから最新の情報を入手してご確認ください。



-淡路島観光地情報, 観光スポット
-,